大阪オフィス tel:06-6365-1286
東京オフィス tel:03-3230-4657
中国語翻訳

ご注文はこちら
論文添削ご希望の方はコチラ
全心全意为您服务

当社では、正確で、高品質な中国語翻訳を、お安くご提供しております。 正確で、高品質な中国語翻訳

翻訳をご依頼いただく際には、必ず、簡体字(大陸向け)か繁体字(香港もしくは台湾向け)をご指定ください。

サービス内容:

取扱説明書、作業手順書、仕様書はもとより、監査報告書、現地の規定・条文、中国国家標準(GB)をはじめ、あらゆる文書を、
経験豊富な翻訳者が対応いたしします。
詳細は、よくある質問をご覧ください。

価格:

中訳、和訳とも¥3,000〜/枚からご提供しております。
(1枚=仕上がり400字。価格は内容により、異なります。)

原稿をこちらまでお送りいただけましたら、遅くとも翌営業日までに、お見積り・所要期間をご案内いたします。

簡体字と繁体字の区別について

簡体字 or 繁体字?

一言で「中国語」と言っても、実は種類はさまざま。
文書が使用される地域によって、 「簡体字」と「繁体字」のどちらか(もしくは両方)をお選びいただく必要があります。

簡体字・繁体字併記について

北京語 or 広東語 or 台湾語?

中国大陸の人口は13億ほどですが、たくさんの方言が存在します。それらの方言はそれぞれ大変な違いがあり、地域が違う人々が話す言葉は、まるで違う言語に聞こえます。
そうした事情により、共通語として「北京語」が中国大陸での共通言語になっています。北京語で使う文字は簡体字なのです。ちなみに、「北京語」は英語でMandarin(マンダリン)と言います。

では、広東語と台湾語はどうでしょう?
広東語と台湾語(台湾で言う「国語」)は、ともに中国語の方言と言っていいでしょう。発音を聞くと、台湾語は北京語とかなり近いものの、広東語はまるで違う言語のようです。ちなみに、広東語は大陸と香港の両方で使われているのです。
その広東語や台湾語の使う漢字もまた、簡体字と繁体字のどちらかです。

このように、標準語または方言のどちらに翻訳するかによって、簡体字と繁体字のどちらか(もしくは両方)をお選びいただく必要があります。

 

正確で高品質の中国語翻訳を迅速にご提供するための取り組み

短納期でも対応可能

分野ごとの翻訳者が多数在籍しており、大量案件や短納期案件を柔軟に対応できます。社内にネイティブスタッフが常駐し、原稿を確認後、すぐに納期をお知らせすることも可能です。

費用削減にも貢献

無駄な作業の見直しや、Tradosなどのシステムの採用により、特に大口案件の大幅な費用削減に貢献しています。

中国現地との提携により、コスト削減の努力を惜しみません。

高品質を保つための取り組み

当社では、

が作業を担当いたします。どちらも仕上がりがネイティブレベルとなり、高品質の仕上がりをお約束します。

各分野ごとに専門知識を持った翻訳者が作業するため、内容理解の面でもご安心いただけます。
また、校正の工程もネイティブスタッフが担当し、より確実な高品質をバックアップします。